大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

【TOEIC】単語学習のコツについて【英検】

 今まで何度かおススメの単語帳をピックアップしてきましたが、どうしても暗記物が苦手という方も多いと思います。ただ、中にはそもそも単語帳の使い方がよく分からないまま「何となくめんどくさい」と感じてしまっている方もよく見かけるので、今回は私なりの単語帳の活用法について書いてみたいと思います。

 

 そんなのとっくにマスターしてるざますわよ、という方はブラウザでバックするなりして適当にバックれてくださいまし。

 

 

(目次)

 

 

まずは基本にする単語帳を決める

 まず最初にすべきは自分の今の実力に合った単語帳を見つけることです。学生さんだと学校指定のものがあったりするのであまり悩まないかもしれませんが、ブランクのある社会人の再スタート組の方は少し迷われるかもしれません。

 全く見当がつかないという方はとりあえず高校レベルのメジャーなものから始めるのがいいと思います。

 選ぶときの基準としては、

  ①例文があること

  ②例文が自分のレベル的に難しすぎないこと

  ③音声データがあること

  ④持ち運びが苦にならない大きさであること

 あたりをチェックしてください。

 たまに自分が知っている単語が載っているか否かを単語帳選びの基準にして、「知らない単語ばかりだから難しくて無理」と投げてしまう人がいますが、そもそも単語帳は知らない単語をマスターするためのものなので、最初から知ってる単語ばかりでは意味がありません。

 常に今よりワンランク上に挑戦することが大切です。

 ただし例文の文法レベルが自分に無理なく読めるレベルかは必ずチェックするようにしてください。知らない単語は覚えればいいだけですが、例文がすんなり読めなければ学習自体がスムーズに進みません。

 

とりあえず1周頑張ってみる

 単語学習で一番しんどいのは最初の1周目です。1周目はやってもやっても次々と知らない単語ばかり、章末のミニテストをやってもちっとも頭に入ってなくて、自分の無力感にうんざりさせられます。が、これは誰しもが通る道です。こんなにしんどいのは1周目だけです。

 

暗記は大変

 もっとも、2周目は2周目で、「1回やったはずなのに・・・」あんなに苦しんで勉強したことが思ったほど頭に入っていないことに愕然とさせられる分、別の意味で心を折られます。

 でも2周目は1周目より確実に抵抗が減っているし、1周目よりも早くこなせるようになっているはず。たとえテストの結果に反映されなくとも、脳の中で確実に学習は進んでいます。大事なのはここでいやになってやめてしまわないことです。

 語学はあきらめの悪さが肝心です。最後までやめなかったもの勝ち、私はそう思っています。人生と同じで・・・

 

単語帳は書き込むもの

  ときどき単語帳を他の一般書籍などと同様にカバーをかけたりして書き込みなどを一切せず、美本のままで使おうとする方がいますが、これはそもそも単語帳の使い方として間違っています。単語帳は線を引いたり書き込んだりして必要な情報を頭に叩き込むためのものです。きれいなままで使っていたのでは本来の目的を果たせません。

 

 また時間に余裕のある学生さんならまだしも、すき間時間くらいしか勉強する余裕のない社会人の方は「単語帳をきれいに使おう」という意識は捨てた方がいいと思います。電車の中では立ったまま読んで立ったまま書き込むしかない場合がほとんどです。いちいち定規をつかったり美しい文字を書いている余裕なんてありません。

 

満員電車

 単語帳は「汚してなんぼ」。 ページの端が黒ずんでいくことに快感を感じるくらいになれば、あなたも立派な「単語帳フェチ」ですw

 

 どうしても真新しい本に書き込むのが無理という方は古本で買ってみるのもいいかもしれません。

 

(スポンサーリンク)

 

 

 書き込みのやり方は人それぞれですが、たとえば私の場合は洋書や英語サイト、映画などで見かけた知らない単語からめぼしいものを適当に単語帳で当たってみて、載っていたらその項目の余白に印を入れます。また英検などの過去問で出くわした単語もそれと分かるように印を入れます。何度も出てくる単語は「正」の印で参照した回数が分かるようにしておくといいと思います。

 

 最初のうちはそもそもどの単語が単語帳に載っていたかも見当がつかないのでとても面倒に感じるかもしれませんが、やっていくうちに未知の単語でも「あこれは1級の単語帳にありそうだな」「これは準1級くらいかな」という見当がつくようになります。そうなればしめたものです。

 

 もっとも、この段階ではあくまで「見当がつく」だけで、まだ頭に入ってはいません。でもこのような試行錯誤を繰り返すうち、「あ、この単語前にも調べたんだ」という気づきが出てきます。

 この経験が記憶の定着につながります。

 

 また書き込みをすることで、「手を動かす」という動作自体が脳を活性化させると言われていますし、物理的にも視覚的なイメージとして記憶に残りやすくなるのは間違いありません。

 

 なんかコーヒーの飲みこぼしとかで汚れたページほど、いやにリアルに記憶に残ったりもするんですが(*´Д`*)・・・

 

 

↓ランキングに参加しております( ^ω^)・・・ 


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ