大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

やってはいけない?! スコアが伸びないTOEIC学習法

 TOEICはなぜかいくら勉強してもスコアが伸びない期間(いわゆる「壁」の状態)が続くことがあります。人によってそのスコアは600だったり900だったり、またその期間も人によって半年だったり3年だったり(あるいはもっと長かったり)、様々です。

 

壁にぶつかる

 

 別にTOEICのスコアが全てなわけではありませんが、いつまでもスコアが伸びないと何だか今の自分の学習法を全否定されているような気がして、いろいろと別の学習法を試したくなったりします(私だけ(?_?)

 

 もちろん試行錯誤の中でよりよい学習法に巡り合うこともあり、試行錯誤をすること自体は決して悪いことではありません。英語学習に限らず、成果を出す人というのはだいたい間違いを恐れずに試行錯誤します。その過程を恐れないからこそ結果がついてくるのですが、一方、間違った試行錯誤というのもあります。

 

 間違った試行錯誤に陥ってしまうと、余計な労力と時間が奪われてしまいます。未来のある若い人ならそれもよい経験かもしれませんが、アラサー・アラフォー以上の年代には余計な遠回りをしているような余裕はありません・・・特に時間が・・・

 

 今回は私が今までの学習経験でハマってしまった「遠回り」の学習法について書いてみたいと思います。

 

(目次)

 

 

聞き流し学習の罠

 ある程度学習経験のある方はまず引っかかることもないと思いますが、社会人でもブランク期間の長い方や、比較的金銭的に余裕のある高齢者の方で、いまだに「聞き流し系」の教材商法に引っかかる方もいるようです。

 

「聞き流すだけで英語力UP!!」と言われれば、確かに魅力的ではありますが、世の中そんなにうまい話はありません。ただ聞き流すだけで英語力がつくなら誰も学校に英語を習いに行ったりしないのではないでしょうか。ネットラジオとかで英語を流しっぱなしにしていればよいのですから。

 

 当たり前のことですが、そもそも学習というのは「なんとなく」やるものではなく、意図的に選択した行為だからこそ意味があるのだと思います。

 

 他の記事でも何度か書いたように、単に「聞き流す」だけで英語力が上がるのは初学者が英語の発音になじむ段階くらいに限られます。それ以上いくら聞き流しを続けても、漫然と聞き流すだけでは教材会社の養分になるばかりで、何のスキルも身に付きません。

 

 実際、私は数年間家ではひたすらネットラジオを聞き流すという生活を試しましたが、この間TOEICのスコアはほぼ微動だにしませんでした

 

 リスニング練習はただ聞き流すだけでは効果がありません。分からないところをスクリプトで確認しながら意識的に集中して繰り返し行うことが大切です。(可能であれば耳で聞いた言葉をそのまま口に出す「シャドーイング」を行うことが最も効果的です。)

 

 

「生が一番」の罠

  ある程度英語力がついてきた人にありがちなパターンがこの「生の英語に触れるのが一番」という幻想です。

 

 TOEICで700~800点あたりを取れるようになってくると、社会人的にはまあまあ上位の部類に入って周囲からも評価され、それなりに英語力にも自信がついてきますが、往々にしていったんそのあたりでスコアの伸びが頭打ちになるケースがあります。

 勉強のイラスト「テスト勉強・男の子」

 

 この時に「学校英語ではこのスコアが限界」などと考えて洋書などのいわゆる「生モノ」の教材に走る人がいますが(私のことです(-_-;)、これは大きな勘違いですので、もしやっている人がいたら直ちにやめてください。

 

 TOEICで800前後取れるようになると、辞書を引きながらであればそこそこ難しい内容のものでも読めるようになっていると思いますので、余計勘違いしてしまいがちなのですが、誤解を恐れずに言うと、TOEIC800前後のレベルというのは、きちんと英語を読み書きしていくためにはまだまだボキャブラリーの積み上げが不足している状態です。

 

 にもかかわらず、この段階の人でよく見かけるのが「原書読み流し」学習です。

 これは辞書も引かずに分からない部分はただただ読み飛ばすという、とても学習法とは言えない学習法なのですが、誰が言いだしたか「辞書を引かずに読む力をつけるのが大事」みたいな戯言を真に受けてしまった人がこのスタイルに陥るケースを周囲で結構見かけます。

 

 当たり前のことですが、この場合「辞書を引かずに読む」というのは全く辞書を引くなという意味ではありません。正しくは「(最初から辞書に頼るのではなくいったんは)辞書を引かずに読みましょう」ということなのです。

 

 漢字から言葉の意味をある程度想像できる日本語とは違い、英文で分からない単語をそのままに放置していたら死ぬまで分からないままです。

 

 もちろん原書を教材にすることが一概に悪いわけではありません。原書でもきちんと分からない部分を辞書で調べるなどして適切に活用すれば教材にすることは可能です。

 

 ただし原書そのものは教材として練られているわけではありませんので、原書だけで重要度の高い単語や語彙を身に付けるためには膨大な量をこなす必要があり、非効率な学習をしなければなりません。

 

 それよりは素直にTOEICや英検の教材を使って学習を進めるほうが密度が高く、はるかに効率的です。

 

 ただ、「スタバで原書を読んでる私ステキ」みたいな部分もドヤ顔モチベーションUPにつながる面はあったりするので、メインの学習法ではなく趣味や気晴らしとして読む分にはよいかもしれません。。。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

 

グループ英会話レッスンの罠

 

 これは知人から聞いた話です。

 知人は英会話力をつけたいと思い、某有名英会話スクールの通学制グループレッスンを受講することにしたのですが、グループレッスンの場合、慣れない英語をしゃべるというプレッシャーに加えて、当然ながら(顔なじみになるまでは)知らない人たちの前でしゃべるという形になります。

 

グループレッスン

 もともと人前で話すことが苦手な知人にはそれがどうしても苦痛に感じて、半年分の授業料を前払いしたのに、結局数回通っただけでやめてしまったというのです。

 

 また講師によっては古くからいる人など、一部の生徒とばかり長く話してしまい、新しい生徒がおざなりになってしまうようなケースもあります。

 この辺はそのスクールの講師の質というか指導力の問題だと思いますが、せっかく高い授業料を払うのだから、不公平のないように生徒みんなに平等に対応してほしいと感じるのは当然だと思います。

 

 もちろんグループレッスンでもよい先生・よい仲間に巡り合えたりするチャンスもあり、通学ならではのメリットもあると思うのですが、英語力の向上という点で見た場合、通学制のグループレッスンは質的・費用的にコスパに見合わないケースの方が多いように感じます。

 

 会話力の向上という点で言えば、インターネットを利用した個別レッスンの方が通学の手間もなく、時間的にもフレキシブルに利用できるコースがあり、効率的だと思います。

 また個別レッスンの方が当然グループ形式よりも密度的に濃い指導が受けられますし、費用に関しても通学制のレッスンではありえないような安いプランの設定もあり、かなりバリエーションが広いです。

 

 デメリットとしては、特に海外の事業者に関しては講師の質が一定しない点が挙げられます。なかには安かろう悪かろうで、ほとんど素人というかその辺のおっさんみたいな人がそのまんま出てきて、ただ英語で雑談するだけみたいなレベルのものもあるみたいですので、ある程度スクールの評価は慎重に調べたほうがよいと思います。

 

 ただインターネットのレッスンであれば、気に入らなければすぐに別の講師・別のスクールに変えてしまうことも簡単にできますので、とりあえず単発で試してまわるというやり方で自分と相性のいいところを探してもいいかもしれません。

 

 

↓ランキングに参加しております( ^ω^)・・・ 


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ