大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

TOEICは基本独学でOKです

 英語学習というとスクールに習いに行くイメージが強いと思います。特に社会人の場合は「英語=英会話=駅前留学」みたいなイメージを持っている人が多いのか、「英語を勉強している」というと「どこの学校に行ってるの?」みたいなことをよく聞かれます。

独学しよう

 このサイトをご覧になっている方の中にも、もしかしたら「習いに行く時間がないから無理」と、一歩を踏み出せずにいる人もいるかもしれませんが、そんなことは絶対にありません。もちろん習った方が効率がいいという場合はありますが、大半の内容は独学が可能です。

 

(目次)

 

語学は独学でOK

 基本的に語学は独学でOKです。独学できないのは会話実践くらいです。「え、それが一番大事じゃん?」と思われるかもしれませんが、会話実践が語学学習に占めるウェートは一般に思われているほど大きくありません。(というかTOEIC本体では全く必要ありません。)

 

 もちろん実際の会話で直接言葉のやり取りをする経験はとても大切ですが、日常的にそういう機会を持てないからといって語学学習をすすめられないわけではありません。

 逆に会話中心の学習をしている方にありがちなのが、「長い時間しゃべった」=「たくさん勉強した」という勘違いです。

 

 実際に会話している間、私たちは言葉の選択や文の組み立てなど、アウトプットのために必死に脳を働かせます。そういう実践的な点では非常に勉強になるのですが、私は学習の比率としては語彙学習や文法知識など、インプットの方がはるかに大きな比率をしめていると思っています。

 

 会話中心の学習をしていると、回数をこなすうちに一見それなりに流ちょうにしゃべれるようになるので、アウトプットの自信がつき、周りにも「英語ができる人」と認識してもらえてドヤ顔できたりしますが(w)、これはこれで学習のモチベーションアップには有効だったりします。

 

 その一方、相手の言うことが分からなくても「何となく」の雰囲気で流してしまうクセがついたり(※コミュニケーションスキルとしては必要なこともあります)、あるいは使い慣れた同じ言い回し・同じボキャブラリーに逃げてしまいがちになるという弊害もあります。

 

 そして一見ペラペラしゃべれるようになったようでも、実は伸びているのはアウトプットの表面的なスキルだけで、総合的な英語力は身に付いていないという状態に陥ってしまうケースが多々あります。

 

 私の学習経験では、特に初級~中級レベルの内はむしろ独学で集中的にインプット中心の学習に取り組んだほうが効果的に英語力を上げられるように思います。

 アウトプットの学習はある程度基本的な英語力がついてからでも遅くないでしょう。

 

※もちろん「海外旅行をしたい」「とりあえず仕事で接客に必要」など、学習の目的によっては会話優先の学習もありだと思いますので、全否定するわけではありません。

 

TOEICは独学に最適

 私はTOEICこそ英語の独学にぴったりの教材だと思います。TOEIC(L&R)では全てマーク式なので、アウトプットのスキルに左右されることなく、ある意味純粋に(?)インプットで蓄積された技能レベルだけを客観的に確認することができます。

 ※もちろんS&Wを使えばアウトプットの力を確認することも可能です。

 

 TOEICの割り切った試験形式には賛否両論ありますが、何だかんだ言ってもどの設問も受験者の英語力を適切に把握できるよう、非常によく練られているのは確かです。地道に問題集などでTOEIC対策をすることが基礎的な英語力のアップにつながるのは間違いありません。

 

 もちろん他の記事で何度も書いていることですが、TOEICは万能ではありません。あくまでビジネス英語を基準とした試験ですので、語彙的な偏りは否めません。また英検1級など、他にも参照すべき指標はたくさんありますし、決して会話学習などアウトプットの技能が不要だとも思いませんので、スクールに通うことも有効だと思います。

 

 ただ、そういう時間やお金の余裕がないからと言って、英語学習を始められないわけではありません。もし迷っている方がいらっしゃれば、まずはTOEICをきっかけに英語学習をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

(スポンサーリンク)

 

 

独学のためのあれこれ

 

 「そんなこと言っても独学なんてしたことがないし」という方もいらっしゃるかもしれません。分からないことが出てきても聞く人がいないし、という点は不安かもしれません。

 でも昔と違い、今は参考書類もとても充実しています。自分のレベルにあった参考書からスタートすれば、決して「書いてある内容がわからない」ということはないはずです。(もしそうであればその本は身の丈にあっていませんので、もうすこしレベルの低い基本的なレベルの本を選びましょう)

 

 そして独学のために使えるリソースも、今は本当にたくさんあります。

 

 まずはやっぱり泣く子も黙るNHKの放送講座ですよね。 

 

 それからやはりインターネットも見逃せません。少々込み入った文法事項などでも、今はググれば大概のことは出てきますし、質問をすれば親切に答えてもらえたりもします。(ただしその辺のネット情報は必ずしも正確でないことも少なくないので、必ず 定評のあるサイトか書籍で裏を取ることをお勧めします。)

 

 ある程度英語力がついてくれば、英語サイト海外の動画を見るのも勉強になります。今はネットさえあれば現地の生の情報にも簡単にアクセスできるので、本当に独学の環境に恵まれた時代だと思います。

 

 

 ただしYoutubeはうっかり不用意に踏むと英語に関係あるなしにかかわらず閲覧履歴からのおすすめ動画の嵐から抜け出せなくなるという致命的な欠点がありますので、その点は要注意です。

 私はYoutubeを踏むときは常に「自分は学習中なんだ」という高い意識を持って閲覧するように心がけていますが、あまり効果はありません ・・・

 ( ノД`)シクシク…

 

 しかしgoogleもYoutubeもどうしてあんなにピンポイントで人の嗜好を把握しつくしてるんでしょうかね・・・恐ろしい時代になったものです

 

 

↓ランキングに参加しております( ^ω^)・・・ 


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ