大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

紙の辞書はもう古い? 英語学習と辞書の話

 英語に限らず、語学学習では辞書は必須ですが、みなさんはどのような辞書を使っているでしょうか。最近は電子辞書とか携帯アプリもいろいろと出回るようになり、特に携帯アプリはこの数年で選択肢が爆発的に広がっています。

 

 今回はTOEIC学習にも不可欠な英語辞書について書いてみたいと思います。

(目次)

 

 

まずは紙の辞書から

è¾å¸ã読ãå­ä¾ã®ã¤ã©ã¹ã

 

 

 昨今は辞書の世界でも急速に電子化の波が押し寄せていますが、私が学生の頃は辞書と言えば紙が当たり前で、まだCDロムみたいなものさえ出回る前の時代でした。

 当然家でも学校でも紙の辞書を使っていましたが、学生だった頃の私にとっては辞書なんてただただ重くて面倒くさいだけのアイテムでした。

 高校生のころ先生に言われて研究社の中辞典を買ってみたものの、毎日の授業に持っていくにはあまりに重くて邪魔で、結局使ったのは1学期の最初だけ、すぐに机のオブジェと化してしまいました。

 実際、大学受験のレベルであれば、よほどの難関校か英文科を受験するような場合でない限り、辞書を引かなくても参考書とか単語帳とかで大体の用は足りてしまいます。(その証拠に近所に高校のあるブック〇フでは毎年卒業シーズンを過ぎたころにほぼ未使用の英和中辞典が投げ売り状態になってたりしますが、実にありがたいもったいないことです。)

 

 しかし学習が進んであるレベルを超えてくると、必ず辞書が必要になってくる時期が来ます。自分の感覚では大学入試のレベルを超えて英検では準1級くらい、TOEICなら750~800を超えるあたりからだと思います。

 

 私が勉強を再開してから最初に買ったのは、大学受験用としても定評のある「ジーニアス」でした。中~上級の学習者にとって必要な情報が必要な分量だけ載っていますので、やはりジーニアスはおススメです。

 

ジーニアス英和辞典 第5版

新品価格
¥3,780から
(2019/8/4 16:51時点)

 

紙の辞書を使う理由

 

 最近ではスマホのアプリも充実しており、「いまさら紙の辞書なんていらない」と思われる方も多いかもしれませんが、私は学習者は少なくとも一冊紙の辞書を持つべきだと思います。理由は3つあります。

  • 書き込みができる
  • 前後の記事を確認できる
  • 長文の記事を見やすい

 

 まず「書き込みができる」という点が一番大きいです。もちろん最近の電子書籍は書き込みができるものも出てきたようですが、自由度という点ではまだまだ紙が上です。

 また紙では使いこんでいくうちに経年変化していきます。好き嫌いはあると思いますが、私はこの「使いこみ」による変色やページの破損といった要素にも学習効果があるのではないかと思います。「そういえばあれ、あの破れかけたページに赤ペンで書いてたな・・・」とか、 物理的に体験できるものの方が単なる電子データより記憶に定着しやすいのではないでしょうか。

 

 二つ目に、前後の記事を確認できるという点があります。学校でもよく言われましたが、1つの単語だけを調べるのでなく、その前後の項目を見ることで関連する単語や類似のつづりの単語などもチェックできます。

 

 意外に見落としがちなのが三つ目の「長文記事が見やすい」です。たとえば「a」や「what」みたいな基本的な単語の用法について調べたいとき、電子辞書では記事の量が多くて探しにくいと感じた経験はないでしょうか。

 同じ分量の記事でも、紙の辞書であればそうまで苦痛に感じないと思います。一覧性ということに関する限り、やはりまだ一般的なデバイスでは紙に及ばないようです。

 

 ちなみにうちの会社でも部下にはペーパーレスペーパーレス言ってるくせに、自分に回ってくる文書は「紙にして持ってこい」というクソ上司がいます・・・(;・∀・)

 

(スポンサーリンク)

 

 

電子・アプリ辞書のメリット

 é»å­è¾æ¸ã®ã¤ã©ã¹ã

 

 とはいえ、最近は電子辞書や携帯アプリの辞書もずいぶん使い勝手がよくなり、便利になっています。アプリ辞書のメリットとしては荷物にならずどこでも使えるという点が大きいですが、学習においても紙の辞書にはないメリットがあります。

  • 単語の一部からでも検索できる
  • 例文も検索できる
  • 検索履歴を残せる

 まず「単語の一部からでも検索できる」ことが挙げられます。単語の一部しか覚えていないとか、「後ろの方だけ覚えてる」みたいな場合、あるいは「だいたいこんなつづりだったんだけどなー」というような場合でも「多分これじゃね?」みたいな候補を引っ張ってきてくれたり、最近のアプリの検索はなかなか侮れません。

 

 また例文からも検索できるので、辞書全体の中から同じような用例を探したりすることも簡単です。紙の辞書ではこんなことは考えられません。

 

 そして「検索履歴を残せる」という点も学習者にとって大きなメリットがあります。「今朝調べたあの単語、何だっけ?」というふうに、その場ですぐ調べられなかったことを家に帰ってから調べたりするのにとても便利です。

 

結論:どっちも使おう

 

 という訳で、紙の辞書も電子・アプリ辞書もそれぞれに違うメリットがありますので、どっちもそろえておくのがよいと思います。

 電子辞書はそれなりに値が張りますが(2~3万)、物理的なボタンの使いやすさやいつでもぱっと使える便利さは捨てがたいものがあったりします。

 アプリ辞書も他のアプリに比べると結構高い(2~3,000円)ような気もしますが、一度買えばずっと使えますし、書籍版よりは割安なことが多いです。

 

 iosを利用されている方は「物書堂」のアプリが使いやすくておススメです。英語以外の言語も充実しています。

 

 どうでもいいですが、個人的には紙の辞書を使い込んでそれがボロボロになっていく過程に「よくここまで勉強したなあ、俺」みたいなナルシズムを感じてしまいます。

 いいんだか悪いんだか( ^ω^)・・・

 

 

↓ランキングに参加しております( ^ω^)・・・ 


TOEICランキング

 

プライバシーポリシー お問い合わせ