大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

ワイヤレスって実際どうなの? 英語学習用のイヤホンについて

 突然ですが、みなさんは英語リスニング用のイヤホンはどのようなものを使われているのでしょうか。私はこの前までipodにデフォルトのおまけで付いていた白イヤホンを愛用していたのですが、周りでワイヤレスにする人が増えたのと、季節がら電車内の空調の音で再生音が聞こえづらくなってきたので、何か語学のリスニング用によいものはないかと探してみることにしました。

 

イヤホンでリスニング

 (目次)

 

ヘッドホンは必要ない

 まず語学用に限定するなら高価なヘッドホンは必要ありません。もちろんスピーカーの大きなヘッドホンの方が音質は良いと思いますが通勤の荷物がかさばりますし、そもそも語学学習用ということで言えば、音質の違いを気にする必要もありません。

 むしろ変に良い音が鳴ると音楽が聴きたくなって遊んでしまうような気がします・・・

 

イヤホンを選ぶときのポイント

 ということで、イヤホンに限って探すことにしました。しかし今は本当にいろいろなものがあるんですね。。。

 

ワイヤレスにするか否か

こんがらがったイヤホン

 まず最初に考えたのがワイヤレスにするか否かです。ワイヤレスはコードのぐるぐるスパゲッティ地獄からは解放される反面、本体とイヤホンのBluetooth接続の設定が必要になります。また本体とは別にイヤホン自体を充電する必要も出てきますので、どちらの利便を取るかで好みが分かれるでしょう。

 

カナル型かインナーイヤー型か

カナル型イヤホン

 次に形状的にカナル型とインナーイヤー型があります。カナル型というのは耳の穴にすっぽり入れる形のもので、圧倒的に遮音性が高く、動いても外れにくいというメリットがあります。高価なものだとノイズキャンセリング機能がついているものもあります。

 これに対し、インナーイヤー型は耳に当てる部分がフラットな形状のもので、ipodやiphoneに標準で付属している白イヤホンがこの形式です。

 カナル型に比べて遮音性が落ちるため音漏れもしやすく、形状的に外れやすいというデメリットがある一方、耳の穴にいれるカナル型の装着感にどうしてもなじめない方や、歩行中など外の音も聞く必要があるときにはこちらの方がおすすめです。

 

結論:両方必要かも

 電車内でのリスニングに限れば圧倒的にカナル型一択です。電車内だとインナーイヤー型ではかなり音量を上げないと再生音が聞き取りづらく、音量を上げたら上げたで周囲への音漏れや耳へのダメージも気になります。

 私は使ったことがありませんが、乗り物など雑音の多い環境ではノイズキャンセリング機能付きのカナル型が最強みたいです(ただノイズキャンセルをonにすると若干音質が変わって聞こえるという人もいます)。

 しかし私のようにカナル型を長時間着けていると耳の穴が痛くなってくるという方も多いのではないでしょうか(私だけ???)。装着感の自然さや、徒歩で移動中の安全性でいえば、私はむしろインナーイヤー型が優れている部分も少なくないと思います。

 まあベーシックなものならそれほど値段が張るものでもありませんので、両方のタイプをカバンに入れておき、状況に応じて使い分けるのがベストかもしれません。

 

iphone持ちの方は

 iphone持ちの方はすでにairpodsを使っているという方も多いと思います。電車の中で最初見たときは、耳の穴から太い棒みたいなのが出てる感じのデザインにすごく違和感があったのですが(私だけ??)、近頃ではすっかり見慣れたアイテムになりました。

 

(※以下商品リンク先はAmazonです)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

新品価格
¥19,213から
(2019/7/23 01:52時点)

 

 さすがにアップル純正のオプションだけあって、ケースから取り出すと自動的に電源が入り、耳から外すと自動で再生が停止するなど至れり尽くせりです。またマイク内蔵でSiriにも対応するなど、iphoneと組み合わせたときの利便性は最強なのですが、今のところインナーイヤー型一択になるのが難点でした。

 ところがAmazonでこんなものが・・・

 

エレコム EarPods用 イヤホンカバー イヤーピース iPhone純正イヤホン シリコン素材 落下防止 遮音性 シリコン P-APEPICR

新品価格
¥628から
(2019/7/23 01:51時点)

 

 一見ただのイヤホンカバーなのですが、よく見るとカバーの一部がカナル型っぽい形状になっています。この部分を耳の穴に入れるようになっているのですが、実はこれがとても優れもので、インナーイヤー型よりも遮音性が断然高く、そのくせカナル型ほど圧迫感もないので長時間使っても全然疲れません。また適度に外部の音も入ってくるので、電車を降りてからもそのまま使えます。

 つまりインナーイヤー型とカナル型の良いとこ取りができるのです。値段も手ごろなので、もしairpodsをお持ちでしたら、一度試してみてはどうでしょうか。

 ただしAmazonのレビューにもありますが、使っているうちに外れやすくなるのが難点です。特にカバンの中で荷物にまぎれると頻繁に外れるようになりますので、両面テープか何かで固定しておくのが吉かもしれません。

 

 ところで私はiphoneもairpodsも持っていない貧乏人なのですが、このイヤホンカバーを愛用しています。どういうことかというと、実はこのようなものがあるんですね・・・

 

JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン マイクリモコン付き/オープンタイプ ブラック JBLT205BTBLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】

新品価格
¥2,392から
(2019/7/23 01:49時点)

 

 これはappleと無関係なJBLというオーディオメーカーのワイヤレスイヤホンなのですが、どういう訳か耳に入れる部分の形状がairpodsとほぼ同じで、airpods用のイヤホンカバーがそのまま使えてしまうのです。セールの時に2,000円少々で売ってたので思わず衝動的にポチりましたが、ipodにもandroid携帯にも使えて思いのほか便利です。

 接続先の切り替えはさすがにapple製品みたいにボタン一つでとはいかず、いったん現在の接続を切ってからつなぎ直す必要がありますが、これは価格差を考えれば致し方のないところでしょうね。。。

 衝動買いではよく失敗しますが、これは久々に当たりの買い物でした。衝動買いというほどの値段でもありませんが・・・

 

(2019.8.6追記)

  結構調子よく使えていたのですが、最近歩きながら使うと片方に「ザザザ」というような不快なノイズが入るようになりました。やっぱり安いものはそれなりなのか、あるいは私の使い方の問題なのかよく分かりませんが、耐久性に若干?が付いてしまいました。

 

ランキングに参加中です( ^ω^)・・・ 


TOEICランキング

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ