大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

TOEICに必要な単語数はどのくらい? TOEICのための単語学習

TOEICと単語学習

 単語学習というと苦手意識を持たれる方も多いと思いますが(私だけ??)、今回はTOEICでも決して避けては通れない単語学習の話題について書いてみたいと思います。

 

(目次)

 

TOEICに必要な単語数

単語学習

 英語学習には単語学習は不可欠ですが、一番単調で苦痛をともなうのも単語学習です。これさえなければもっと楽しく勉強できるのに(私だけ??)・・・でもここを通らずにはどんな語学も習得できないのです。

 

 では、TOEICに必要な単語数はどのくらいでしょうか?

 一般的にはだいたい次のように言われています。

 

  • 高校入試レベル 1,250~2,100語 (英検3級相当)
  • 大学入試レベル 3,800~5,100語 (英検2級相当)
  • TOEIC  8,000~10,000語 
  • 英検1級 12,000~15,000語 

 

 つまり大学入試のときに覚えた量を2倍にすればいいという感じでしょうか・・・

(;・∀・)

 一気にやる気がなくなってしまいそうですが、この中には同じ単語から派生した単語(動詞→名詞など)や、語源的につながっているものなど、一つの単語から数珠つなぎ的に覚えられるものも相当数ふくまれているので、あまり数字にまどわされないほうがいいと思います。

 要は何千個だろうと、一日一日積み上げていけば、歩みを止めない限りいつかはたどり着けるのですから。

 

英検1級の語彙は必要か

 

 私はTOEICのスコアが850を超えた時点から、語彙レベルを積み上げる目的で旺文社の英検1級の単語帳を使い始めました。

 

【音声アプリ対応】英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)

新品価格
¥1,836から
(2019/7/23 02:01時点)

 

 この単語帳、さすが日本語話者向けの英語検定の最高峰に対応しているとあって、しょっぱなの「でる度A」ですら「thrive」だの「confiscate」だの、ほとんど見たこともない単語がゴロゴロ出てきて、最初からやる気をボコボコにへし折ってくれる強烈な逸品に仕上がっております。

(;・∀・)

 ちなみに大学院で英語を教えているカナダ人の先生に見てもらったところ、「ネイティブでも分からないレベルの単語がいっぱいだ」と驚かれました・・・おそらく会話メインの日常的なコミュニケーションやTOEIC対策だけでいうなら、ここまでの語彙レベルを積み上げる必要は全然ないと思います。

 

 にもかかわらず、私は英検1級の語彙レベルは学習上有用で信頼できると考えています。理由は次のとおりです。

 

  • 実際に使われている  一見マニアックに見える単語でも、実は海外サイトや書籍などの書き言葉では頻繁に使われていて、それがわからないと文意全体がとれないキーワードだったりすることが結構あります。
  • ボキャブラリーの幅が広がる  同義語などは「なんで同じ意味の単語がこんなにあるの」と恨めしくなりますが、似たような意味の単語でも実はそれぞれに異なるニュアンスや用法があったりします。面倒ですが、それを一つ一つ辞書で調べるのがすごく勉強になります。なかなか暗記まではできないですが、細かいことをしらべることが実は記憶の定着に効果的だったりします。
  • 事実TOEICのスコアが上がった  私は英検1級の単語帳をやり始めてから1年で50点以上スコアが伸びました。もちろん単語学習だけの成果ではありませんが、たとえば例文の音読などはリスニング対策にも効果があったと思います。

 

 以上の理由から、私は英検1級を受けない人も、英検1級の単語帳はやっておいて損はないと思います。

 

 またTOEICや英検が最終目的だというのでない限り、何らかの形で語彙の積み上げはずっと継続していくことが必要です。残念ながら(?)単語学習に終わりはありません。特にTOEICの語彙はビジネス寄りにかなり特化しているので、TOEICでハイスコアを取れたからといって、それだけであらゆる場面の語彙が身に付くわけでは全然ありません。学術分野なら学術分野の、日常生活なら日常生活のボキャブラリーを積み上げる必要があります。

 

 ちなみにネイティブでも年齢によって語彙数はどんどん増えていくそうです。一般的には10歳で10,000語、20歳で20,000語、その後も増えていって40歳ぐらいで30,000語くらいに達すると言われています。

 ネイティブでもそうなのですから、外国語として英語を学ぶ私たちが単語学習を続けなければならないのはむしろ当然ではないでしょうか。

プライバシーポリシー お問い合わせ