大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

ぶっ壊すより使い倒せ! 社会人のN@Kラジオ講座学習法

ラジオ講座


 英語に限らず語学学習をしている人なら大抵、某国営放送の語学番組の利用を考えると思います。手軽だし、何よりテキスト代以外タダで毎日聴けるのですから、これほどコストパフォーマンスの高い学習法はないのではないでしょうか。

 

 タダより安いものはありません!!!

 

 特に英語に関しては基礎英語0~3、ラジオ英会話、入門ビジネス英語、実践ビジネス英語・・・などなど、テレビ講座も含めればレベル別・分野別に常時20講座ほど開講されていますので、初学者から上級者まで、自分の英語力や興味に合わせた講座を選ぶことができます。

 

www2.nhk.or.jp

 

 しかし挫折しやすいのもこの学習スタイルの特徴だったりします。NHK講座を続けにくい理由は大きく3つあると思います。

  • 飽きてしまう(いわゆる三日坊主)
  • 「どうせタダだし」的な意識
  • 放送時間と生活リズムが合わない

  最初の「飽きてしまう」に関しては本質的には自分自身の学習意欲の問題なのでどうしようもありませんが、例えばラジオでは単調に感じてしまうならテレビ講座にしてみるとか、テキストを買ってみるなど、何がしか自分で興味を持てるように自分自身で工夫することが大切ではないかと思います。

 

 語学に限らず独学を続けられる人というのは、そうやって飽きないように常に自分で自分の興味を起こし続けられる人ではないでしょうか。

 

 もしそういうこと自体が難しいとか面倒くさいと思うのであれば、そもそもこういう自習的な学習スタイルは向いていないのかもしれません。その場合は無理をせず、別の学習法を考えた方がよいでしょう。

 実際、お金を払って外から枠をはめてもらい、講師の先生に叱咤激励してもらうスタイルでないとダメ、その方が断然伸びるという方も多いです。(というかその方が多数派ではないかと思います。)

 

 このあたりは二点目の「どうせタダだし」的な意識にも通じるところがあります。もしあなたが何がしかコストをかけたほうがやる気がでるというタイプの人なら、先にテキストをまとめ買いするなど、あえて大きめの先行投資をしてしまうというのも一つの手かもしれません。(ただこれやって挫折したときの後悔というか自己嫌悪感がハンパないんですよね・・・

(-_-;)

 

 多分ラジオ講座で一番悩む人が多いのは、三点目の放送時間と生活リズムの問題でしょう。小中学生だと基礎英語(6時~)を聴くつもりがドイツ語(7時以降)で目が覚めるみたいな悲劇がありがちですが、大人でも視聴時間がどうしても生活リズムと合わなくて・・・という方は少なからずいます。

 

 特に社会人だと、放送時間が通勤と重なってしまうというケースが多いのではないでしょうか。昔はラジオ付きのウォークマンなどというアイテムもありましたが、今やいつの間にかラジオ付きipodすら絶滅してしまいましたね・・・

 

 これに関しては今はありがたいことにスマホのアプリが出ていて、android・iphoneいずれでも「らじる★らじる」を使えばラジオがなくてもNHKのラジオ番組をリアルタイムで聴くことができます。

www.nhk.or.jp

 また別アプリの「NHKゴガク」では過去1週間分のストリーミング放送を聴くことができますので、聞き逃しても安心です。

www2.nhk.or.jp

 

 ただ、「いつでも聴ける」と思ってしまうと「いつでもいいや」になってしまうのが人間の性ですので、私はなるべくストリーミングは使わずに、できるだけ「らじる★らじる」で放送時間に合わせて聞くようにしています。

 

 ごくささいなことに思えるかもしれませんが、私はこの「毎日決まった時間に決まったアクションを起こす」ということは、語学学習を生活習慣化していく上での非常に重要なポイントになっていると思っています。そういう意味で、NHKの語学講座を聴くことには、実際の学習内容以上の効果が期待できるのではないでしょうか。

 

 もっとも、私は今のNHKの在り方には大いに疑問を感じています。別に「ぶっ壊せ」とまでは思いませんが(w)、個人的にはラジオ第二とEテレの一部以外は全部民営化してスクランブル放送にしたらいいと思います。だってテレビ持ってるだけで特定のマスコミと契約を強制されるとか、普通に憲法違反(思想良心の自由に対する侵害)じゃないでしょうか・・・

 

プライバシーポリシー お問い合わせ