大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

TOEICのスコアについて その2

 TOEICのよいところは結果が客観的な数値で示されるところです。英検のように合否を気にする必要がないというのは受ける方にとって大きなメリットですが、英検のような級別のシステムに慣れている人にはTOEICスコア〇〇〇点と言われてもあまりピンとこないかもしれません。

 参考になるかどうか分かりませんが、TOEICスコアと英語力の関係について、私の体験を書いてみます。

 

  • TOEIC700以下  

 英語学習を再開して、まだ中・高時代の基礎文法レベルが固まっていない段階。辞書を引けばある程度の長文も読めるけど、まだまだ英文を読むこと自体に慣れなくて苦痛を感じる状態。倒置などやや難度の高い構文につまづく。リスニングはもっぱら教材オンリーで、ジャンルにかかわらず生の題材は断片的な単語しか聞き取れない。

 

  • TOEIC700~800

  1年ほどかけて高校レベルの復習まで完了、ある程度自信がついてきて興味本位で海外のニュースサイトや原書に手を出し始めるも、教科書英語とのギャップに挫折。英検準1級の単語帳で3~5割程度見たことがある、くらいの感覚。リスニングは難易度低めの素材なら集中して何度か聴けばある程度わかる、くらいのレベル。

 

  • TOEIC800~900

  かなり語彙力がついてくる。リーディング・リスニングとも文章の重要パーツ(動詞・否定表現など)はだいたい押さえられるようになって、勉強が楽しくなってくる。でも世間でいう「TOEIC800以上」のイメージとは違い、「英語をペラペラ」なんて感覚では全然ない。

 

  辞書なしでもBBCとかのニュースサイトがだいたい読める。リスニングもニュース英語なら集中すれば8割以上聞き取れる。言いたいこともだいたい近いニュアンスで言えるようになってくるけど、「ペラペラ」では全然ない。字幕なしで映画とかドラマを見れるのはいったいいつのことやら・・・

 

  あまりスコアにばかりこだわる必要はないと思いますが、学習の目安としてTOEICはわりと信頼できる試験だと思います。

プライバシーポリシー お問い合わせ