大人のTOEIC―アラフォー社会人がスコア900超えるまで―

留学経験なしのアラフォー社会人がTOEICスコア900を達成するまでの学習法など

わたしが英語学習を始めた理由

 なぜ英語学習をするのかにはいろんな理由があると思いますが、大多数は何らかの必要にせまられてのことが多いのではないでしょうか。もちろん全くの趣味で勉強している方も少なからずいると思いますが、そういう人はTOEICとかどうでもいいでしょうし、そもそもわざわざこんな零細ブログまで来ないでしょうね(笑

 

 わたしの場合ははじめ「翻訳をやってみたい」というほぼ趣味に近い興味から始めましたが、ひょんなことから転職活動を迫られることになり、履歴書上の必要からTOEICの点数を何としても上げにかからなければならないという切実な動機に変わりました。尻に火が付くとはこのことです・・・まだ火はついてるんですけどね。

 

 「別に動機なんてどうでもいい」と思われるかもしれませんが、「何のために英語を勉強するのか」という目的と達成すべき最終のゴールを最初に確認しておくのは非常に重要です。理由は3つあります。

 

 第一に、それによって選ぶべき手段が違ってくるからです。単に会社の入社試験をクリアしたいのか、それとも実際に海外部門で働きたいのか、あるいは文芸翻訳をめざしたいのか、同じ語学学習でも目的によって伸ばすべき能力や達成地点が全く違ってきます。ということはそれに応じた手段を選ばなければいけません。特に中高年には無駄な努力に時間を割いている余裕なんてありませんから・・・

 

 二点目として、目的とゴールが明確になれば、おのずと「何の力を」「いつまでに」「どのくらい」達成すればいいかが計算できるようになります。これがはっきりしないと何となく雲をつかむような勉強ばかり続けることになり、結局いつまでたっても学習成果を感じられないので、最終的にフェードアウトしてしまうというお約束のパターンが待っています。

 

 三点目として、目的意識があるのとないのとでモチベーションに格段の差が生じるからです。なんとなく勉強するのと就職なり留学なり何か具体的な目標があるのとでは毎日の取り組みに圧倒的な差が生まれます。無理やりでもかまいません、他人から見てとてもできそうにないとか笑われてしまうような夢でもいいのです。要は「あなたにとって」リアルで一生懸命になれる目標を掲げましょう。目的意識は行動を変えます。行動が変われば未来は変わります。たとえわずかずつでも・・・

プライバシーポリシー お問い合わせ